読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガールスカウト大阪府第16団の活動記録

大阪府八尾市を中心に活動しているガールスカウト大阪府第16団の活動記録です。

【春から新しいコト、始めてみませんか♪】
スカウト(年長~高3)、リーダー(ボランティア 18歳以上)の入団受付中です。
見学やご質問は、メール:gs_osaka16@yahoo.co.jp までお問い合わせください。
きれいな心となんでもできる手―ガールスカウトになったなら

きれいな心となんでもできる手―ガールスカウトになったなら


  • 監修: ガールスカウト日本連盟
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2010/10/05
  • メディア: 単行本

  • リンク先のAmazonの「なか見!検索」で、文章と写真の一部が閲覧できます。

1泊集会 ミスドミュージアムへGo!

団行事

3月はみんなが楽しみにしている1泊集会。今年度の行先は、吹田です。

宿泊先は北千里にある「吹田市自然体験交流センター わくわくの郷」。一昨年に利用した時は本館の利用でしたが、今回はロッジでの宿泊です。

まずはクラフトタイム。今回は、スノードームを作ります。

土台に好きなフィギュアやビーズなどを接着剤でつけて、キラキラのラメなどを入れたドーム部分と土台を接着剤で合体します。しっかり固まったら土台の裏の穴から、洗濯のりと水を混ぜたものを注入!

とても素敵なスノードームが手作りできました。中にはラメを入れすぎて、「粉雪」というより「吹雪」みたいになったスカウトもいましたが、それもご愛嬌です♪

f:id:gs_osaka16:20160321184233j:plain f:id:gs_osaka16:20160321184245j:plain

f:id:gs_osaka16:20160321185515j:plain

 夕食後は天体観測をしました。雲が多いあいにくの天気でしたが、センターの職員の方のご指導のもと、木星や月を望遠鏡で見せていただきました。

中には、木星の衛星や縞まで見えた人もいましたよ (^^)v

これって天気よりも視力の問題かも!?

ロッジに戻ってからは、みんなでワイワイとお楽しみ会をしました。

ジェスチャー伝言ゲームや輪くぐりゲームなどで大盛り上がり! みんないっぱい笑って、1泊集会の初日は終わりました。

2日目は、今回の1泊集会のメインイベント、ミスドミュージアムでのドーナツ手作り体験です。

f:id:gs_osaka16:20160321190929j:plain

ミュージアムに入った時から、すでにスカウトも大人もみんな大興奮!

キッチンでお店の人みたいにエプロンをつけて、帽子をかぶったら、いよいよドーナツ手作り体験の始まりです♬

まずは、お店でもおなじみの「ハニーディップ」の成形から。

フワフワ柔らかだけど、弾力のある不思議な感触の生地を、麺棒でのばして、型でドーナツの形に抜いていきます。

f:id:gs_osaka16:20160321191344j:plain f:id:gs_osaka16:20160321191445j:plain

f:id:gs_osaka16:20160321192955j:plain

型抜きした生地を発酵している間に、オールドファッションのデコレーションをしました。

 チョコ塗り放題、3種類のトッピングをのせ放題で、みんな盛りまくり~~

そのままでも、もちろん美味しいオールドファッションですが、デコレーションでまるでケーキみたいになりました。

デコレーションが終わった頃、いよいよ発酵が終わった「ハニーディップ」を揚げていきます。揚げるのは、ミュージアムの方におまかせ!

f:id:gs_osaka16:20160321193929j:plain f:id:gs_osaka16:20160321193942j:plain

揚げたてのドーナツにシロップをかけて、これにもトッピングをすれば、待ちに待った試食タイムです。

自分で好きなトッピングをしたドーナツももちろん美味しかったのですが、中でもシロップをかけていないアツアツ揚げたてのドーナツは、ふわふわでほんのり塩気があって、お店では食べられない絶品!! 食べ切れなかった残りのドーナツは、自分で絵を描いた箱につめて、家族へのお土産となりました。

f:id:gs_osaka16:20160321195123j:plain

ドーナツの手作り体験の後は、2階のおそうじ館で「おそうじ体験」にも参加しました。

みんなではしゃいで笑顔があふれた1泊2日。

2015年度もあと少しです。一つひとつの楽しかった思い出が、来年度のそしてさらにその先の活動への意欲となればと、心から願っています。

 

ひなまつり集会2016

ブラウニー ジュニア

毎年恒例の、ひなまつり集会✿✿✿

今年も、立派な段飾りの雛人形を2組も飾っておられるリーダーのご自宅をお借りして、見学に来られた2組の姉妹もいっしょに、賑やかにおこないました。

クラフトで作ったひな人形は、一人ひとり、少しずつお顔が違って、どれもとても可愛らしいです。

年度末でバッジの申請も追い込み (^_^;) バッジブックにも頑張って取り組んでいました。新しい年度では、みんなの技能帯に、たくさんバッジがつけられそうだね。

昼食は、飛び入り参加でお手伝いをかってでてくれたシニアのスカウトが見学の姉妹と一緒に作ってくれたてまり寿司です。ハムを型抜きした梅の花がのって、コロンと一口サイズに作ってあります。「これならブラウニーも食べやすいでしょ♪」とは、さすがシニアさん! ブラウニーもジュニアも、みんな喜んでたくさん食べていました。

女の子の健やかな成長と幸せを願う雛祭りは、ガールスカウトの理念にも通じるものがありますね (◍•ᴗ•◍)

f:id:gs_osaka16:20160317140627j:plain f:id:gs_osaka16:20160317135617j:plain

f:id:gs_osaka16:20160317135819j:plain

 

ワールドシンキングデイ2016

団行事

2月22日は、「ワールドシンキングデイ」です。ガールスカウト創始者ご夫妻のお誕生日であるこの日は、世界中のガールスカウトがお互いの友情をお祝いし、世界の様々な問題について学び、行動を起こす日です。

ここ何年かの間、なにわ河内ブロックやボーイスカウトなどと合同でセレモニーなどを行うことが多かったのですが、今年は久しぶりに団単独でシンキングデイの集会をおこないました。

新しくてきれいな龍華コミセンの集会室をお借りして、まずはセレモニーです。

創始者ご夫妻の写真に、一人一人が持参した花を献花し、シンキングデイファンド献金をおこないました。

f:id:gs_osaka16:20160228171131j:plain f:id:gs_osaka16:20160228171141j:plain

セレモニーに続いて、今年のシンキングデイのテーマ「connect~つながる~」にちなんでリーダーが準備してくれたゲームやクラフトをおこないました。

f:id:gs_osaka16:20160228171624j:plain

「私とつながる」「友達とつながる」「 WAGGGSとつながる」「世界とつながる」「1千万人とつながる」の5つがキーワード。

難しいテーマもリーダーたちの工夫で、楽しみながら体験することができました。

クラフトは、5つのキーワードを表す4色のビーズと紺色のモールを使ったブローチです。

帰りにはみんなの胸に、シンキングデイピンとともに手作りのブローチがキラキラと輝いていました。

f:id:gs_osaka16:20160228173217j:plain f:id:gs_osaka16:20160228173228j:plain

 

シンキングデイカード作り

ブラウニー ジュニア シニア レンジャー

ガールスカウトにとって、2月は「ワールドシンキングデイ」がある月。

創始者夫妻のお誕生日である2月22日は、世界中のガールスカウトが友情を祝い、世界の様々な問題について学び、行動をおこす日です。

今回の集会では、そのシンキングデイにむけて、友情をお祝いし交換する「シンキングデイカード」を作成しました。

リーダーが親交のある富山の団に送るために、みんなでメッセージやイラストをかいたり、マスキングテープやシールなどでデコレーションしたり ❤❤

シンキングデイは、世界のガールスカウトの一員であることを、あらためて感じる日でもあります。

f:id:gs_osaka16:20160228162148j:plain

 

そなえよつねに 防災体験プログラム

団行事

1月17日、特に関西に住むものにとっては忘れられない、そして決して忘れてはいけない日。21年前、6000人以上の命が失われた阪神・淡路大震災が発生した日です。

当時、まだ産まれていなかったスカウトたちにとっては、東日本大震災津波地震の被害として印象が強いようですが、阪神・淡路大震災では、多くの家や建物はおろか高速道路までもが倒れ、たくさんの人がその下敷きになったり、その後に発生した火災で命を落としました。

ガールスカウトのモットーは「そなえよつねに」。いつまた起こるかもしれない地震などの災害に備えて、八尾市内のボーイスカウトの団と合同で、南木の本防災公園にて防災体験プログラムをおこないました。

車に搭載されているジャッキを使って下敷きになった人を助けたり、毛布で担架を作ったり、専用の器具がなくても、工夫をすれば身近にあるものを災害時に役立てることができます。

f:id:gs_osaka16:20160124214212j:plain f:id:gs_osaka16:20160124214239j:plain

身にしみる寒風に、21年前の被災者の皆さんはどんなに寒かっただろうと想いを馳せながら、今回の経験を実践で役立てる日が来ないことを、願わずにはいられませんでした。

この体験プログラムをきっかけに、スカウトそれぞれの家庭でも、災害への備えを見直す機会にしてほしいと思います。

旧植田家のかまどでご飯炊き

団行事

2016年を迎えて最初の集会は、八尾市指定文化財の「安中新田会所跡 旧植田家住宅」で行いました。

まずは主屋の中を見学。畳の和室がない家でさえ多い昨今、土間があって和室の続き間がある家は、スカウトたちにとってはとても珍しかったようです。展示されている昔の道具に、ベテランのリーダーから「懐かしい」の声も←年がバレるってば (・◡ु‹ ) ✧*テヘペロ

今日のメインイベントは、昔ながらのかまどと羽釜を実際に使ってのご飯炊きです。かまどといっても、キャンプ場で見るかまどとは全然違うね。

f:id:gs_osaka16:20160124200706j:plain f:id:gs_osaka16:20160124200721j:plain

羽釜で炊き上げたご飯は、よほど美味しかったのか、スカウトたちは先を争うようにおかわりまでして、ペロリと食べてしまいました。キャンプで飯盒で炊いたご飯は、こんなにガッつくことなんてないのにとビックリ !?(゚〇゚;)マ、マジ...

 けん玉やメンコなどの昔の遊びも体験させていただき、まるで田舎の親戚の家に遊びにきたようなノスタルジックで楽しい新年集会となりました。

Free Being Me

ブラウニー ジュニア

16団で7月からバッジ取得に向けて取り組んでいるのが「大好きなわたし~Free Being Me~プロジェクト」です。

f:id:gs_osaka16:20151227194521j:plain

メディアなどでもよく取り上げられる「自己肯定感」。日本の若者は、この自己肯定感が他の国に比べて低いそうです。「大好きなわたし~Free Being Me~プロジェクト」は、自分の容姿への自信から、この自己肯定感を高める取り組み。

世界中のガールスカウトが、このプログラムに取り組んでいます。

「大好きなわたし~Free Being Me~プロジェクト」に関する資料や動画は、ガールスカウト日本連盟のHPで見ることができます。ぜひご覧ください。→http://www.girlscout.or.jp/activities/project/fbm/