ガールスカウト大阪府第16団の活動記録

大阪府八尾市を中心に活動しているガールスカウト大阪府第16団の活動記録です。

【不用な本やDVDなどをご提供ください】
不用な本やDVDが、古本募金「きしゃぽん」でリサイクルされ、ガールスカウト大阪府第16団の活動を支える資金となります。
詳細はこのブログ内の記事、「不用な本やDVDなどをご提供ください」をご参照ください。

【新しいコト、始めてみませんか♪】
スカウト(就学前1年~高3)、ボランティア(18歳以上の女性のみ)を随時受け入れています。
私達の活動に興味をもたれた方は、16団のホームページもぜひご覧下さい。

お問い合わせフォームへ

分け合うということ

ガールスカウトは今、ピースプロジェクトGreener×Greenerを実施しています。
日本や世界にもっと緑を、そして環境問題や食糧問題にも目を向け、難民の環境改善につなげようという活動です。
全国のガールスカウトが、自分たちに出来ることを考え、それぞれのやり方でこの大きな目的に向かって活動を行っています。
16団では、このGreener×Greenerの取り組みとして、奈良県明日香村の「ミカンの木」のオーナーになることになりました。
今回の集会は、このGreener×Greenerに関する勉強です。
集会では、リーダーが用意した様々な産地の様々な種類、それぞれ個数も違うオレンジを、参加者全員で「分け合う」という取り組みを行いました。


「平等に」というのが、なかなか難しい ( ̄ヘ ̄)ウーン
自分が「このオレンジが好きだから」とその種類を一人占めすれば、他の人が食べることが出来ません。
強い人が先に取ってしまうと、弱い人には回ってきません。
日本には世界中から食料が運ばれ、水も自由に使えます。
でも、地球上の水や食料、そしてそれらを運ぶエネルギーには限りがあって、誰かが余計に使ってしまうと誰かが足らなくなってしまいます。
みんなで分け合えば、みんながハッピーになれる。
平等に分けられたオレンジをみんなで美味しくいただきながら、「分け合う」ことの大切さを感じました。